金栄堂サポート選手



中野 楚樂
CHULU NAKANO


中野 楚樂
CHULU NAKANO

東京都(宮城県出身)
日本大学自転車競技部
種目:自転車
競技成績:下記参照


宮城県出身で日本大学自転車競技部の中野 楚樂(なかの ちゅーる)選手。日本大学自転車競技部はインカレ全日本大学対抗選手権自転車競技大会にて優勝30連覇という偉業を果たされております。これからの更なるご活躍のために金栄堂では日本大学自転車競技部の皆様をサポートさせていただいております。そして金栄堂で中野楚樂選手に対し、競技において武器となりうるアイギアのご提供、そしてカスタム・チューンナップパーツでまるで体の一部のような一体感を生み出すことで中野楚樂選手のポテンシャルを最大限に引き出せるように全力で日本大学自転車競技部ならびに中野楚樂選手をサポートしてまいります。


金栄堂は日本大学自転車競技部メンバーをサポートしております!
サポートさせていただいております日本大学自転車競技部の皆様




金栄堂は日本大学自転車競技部・中野楚樂選手

中野楚樂選手インプレッション(2024.1.25更新)



明けましておめでとう御座います

続きはこちらから


■金栄堂サポート選手インプレッションブログ■
※最新以外のインプレッション及び当店のサポート選手の方々のインプレッションを公開中!

中野楚樂選手の主な戦績

2019年8月2日 インターハイ個人ロードレース4位
2020年9月11〜13日インターハイ代替大会
 チームスプリント2位
 ポイントレース2位
2022年度6月12日 全日本学生選手権個人ロードレース2位


CHUL's スペシャルサングラスENCODER ASIAFIT
 ■OAKLEY ENCODER ASIAFIT ■OAKLEY ENCODER ASIAFIT
■OAKLEY ENCODER ASIA FITのフレーム特徴
・3つの高さからお顔立ちやフィットに合わせて選べるトゥルーブリッジノーズパッド
・ステムに超軽量特許素材O Matter素材
・大きめのオーバーサイズレンズデザイン
・帽子やヘルメットにフィットするように設計されたフレームデザイン
・汗や油分を吸収しグリップ力を増すUnobtanium製ノーズパッド・イヤーソックス採用

■OAKLEY ENCODER ASIA FITのレンズ特徴
・HDOレンズテクノロジーによる裸眼に近い高解像度と最小限の歪み
・米国工業規格ANSI Z87.1の高速・高圧及び光学テストを大幅にクリア
・UVA, UVB, UVC,そして眼に有害な青色光を400ナノメーターまで100%カットするPlutonite®レンズ
・シーンに合った特定の対象物を際立たせるPrizmレンズオプション
・眩しさをコントロールするイリジウムレンズコーティングオプション
金栄堂では中野楚樂選手に対し、強い紫外線から目を守るという保護性、風の巻き込みなどの外的要因を防ぎながら様々な状況下で切れることのない視界の確保、そしてそれにより集中力を切らさず競技に集中出来るように、上記のサングラスをサポートさせていただいております。3つの高さからお顔立ちやフィットに合わせて選べるトゥルーブリッジノーズパッドでまるでカスタマイズしたような極上のフィット感、さらに汗や油分を吸収しグリップ力を増すUnobtanium製ノーズパッド・イヤーソックスを搭載しており様々な環境下でしっかりとお顔にグリップします。大きめのオーバーサイズレンズデザインで今までのどのアイウェアよりも広い視界を確保。ヘルメットにフィットするように設計されたフレームデザインは、サイクリストにとってこれ以上ないフィット感をもたらします。このオークリーの新スポーツスペシフィックアイウェア・エンコーダー・アジアフィットは中野楚樂選手にとって大きな力となるアイギアになってくれるでしょう。今後も力強いアイギアのサポートを行い、日本大学自転車競技部、そして中野楚樂選手をサポートしてまいります。

あなたの新しい力となるレンズ。金栄堂特許取得設計採用・完全オリジナルレンズFact®(ファクト)


金栄堂開発・特許取得レンズ設計Fact Design(ファクトデザイン)採用
金栄堂完全オリジナルレンズ・Fact®(ファクト)


スポーツグラスプロショップ金栄堂・オリジナルレンズ Fact®(ファクト)

あなたの見る視界を、真実の世界へ。

金栄堂開発・特許取得レンズ設計「Fact Design(ファクトデザイン)」採用レンズ。

このFact®は数あるレンズの中で唯一、そして最も自然に見えるレンズです。







このFACT(ファクト)は色目・色調・グラフ(分光透過率)の水平のポイントを考慮したレンズです。従来はあくまで見た目と全体の透過率で作成された染色レンズで、このレンズは分光透過率曲線を重視し、どのレンズ基材・どのレンズ濃度においても従来の染色方法を用いて「任意(ニュートラルなグレー)の分光透過率曲線レンズ曲線を再現するために考案・作成したレンズです。

任意のカラ―レンズを「分光透過率曲線からレシピをつくる」という考えのもと、まずどのレンズ基材においても同じ分光透過率曲線を出せるように染色剤の配合や染色時間をコントロールすることで、どの基材や濃度においても同じ波形の分光透過率を出すことに成功しました。そして従来の見た目の色合いと全体の透過率ではなく、本当に自然な見え方を再現するためにCIE国際照明委員会が定めるLab色空間を用い、人間にとって見た目だけでなく見え方が自然な見え方を染色時間などをその使用するレンズ基材や濃度ごとにコントロールし、任意(ニュートラルなグレー)の分光透過率曲線に沿った見え方を再現しました。

このレンズを使用することで使用者にとってより正確な情報を眼に届けることが出来、様々なシーンにおいてサングラスレンズが邪魔になることなく、正確な距離感や大小感を認識することが出来、まさに人間の持つ感覚そのままにあらゆる動作を正確に行うことが出来ます。従来の考えや製法ではこれは実現不可能でしたが、このLab色空間に基づく新たな製法によりこのFACTが誕生しました。例えばドライブや日常の運転、スポーツ、PC作業などあらゆる場面でこのレンズは眩しいと感じる光をシャットアウトしつつも感覚を狂わせることなく忠実にそのアクションを行うことが出来ます。このレンズが目指し実現したのは眩しさを抑えながらも人間の持つ近くに最も近い感覚で再現し、あらゆるシーンで正確で適切なアクションを起こせるために。従来のレンズとは別次元のレベルで考案・作成されたFACTはユーザーに真実を映し出してくれる、金栄堂開発・特許取得レンズ設計「Fact Design(ファクトデザイン)で作成された超レンズです。

金栄堂完全オリジナルレンズFact®(ファクト)の詳細はこちらから

金栄堂サポート選手について







金栄堂サイト内検索 お好きなキーワードをお入れください。あなたのお探しの商品がきっと見つかります。