金栄堂サポート選手


聖澤 諒
RYO HIJIRISAWA

聖澤 諒
RYO HIJIRISAWA


長野県出身
種目:プロ野球(外野手)
競技成績:下記参照


長野県出身で現在宮城県仙台市在住、プロ野球選手としてご活躍されている聖澤 諒(ひじりさわ りょう)選手。野球という競技の特性上強い紫外線、グラウンドなどからの照り返し、フライをキャッチする際の直接的な太陽光の眩しさ、砂ぼこりが目に入らないようになど、厳しい外的要因がある中、このサングラスというアイテムは野球において必須アイテムです。今までも聖澤選手は目の保護の重要性からサングラスを使用していらっしゃいましたが、目の保護に加え、ご自身の持つ力を最大限に発揮できる世界を映し出し、さらなるパフォーマンスアップのために、今回金栄堂でプロ野球選手の聖澤諒選手をサポートさせていただく運びとなりました。今までも2012年に盗塁王を獲得されたり、1軍という環境の中でも目覚ましい、そして非常に優秀な成績を納められ、これからも更なるご活躍が期待される聖澤選手。今までのアイウェアでは成し得なかった視界をサポートさせていただくアイウェアを通して今後聖澤諒選手を全力でサポートしてまいります!


聖澤諒選手の主な経歴



●2008年プロ野球入団
●2011年球団初全試合出場
●2012年盗塁王獲得
●2014年外野手無失点記録NPB新記録樹立


■プロ入り前
長野県更埴市(現:千曲市)出身。小学校2年から「森スポーツ少年団」で野球を始める。小学時代は剣道クラブにも所属し、4年時に地区大会で優勝した。中学校では軟式野球部に所属し、「4番・投手」を務める。地元の公立校である松代高校に進学。1年春からベンチ入りし、3年時には「4番・遊撃手」として活躍する。最高成績は2年夏の長野大会3回戦で、甲子園出場経験はなし。同期入部で最後まで野球部に所属していたのは自身を含めて二人だけというチーム事情の中プレーした。

國學院大學に進学し硬式野球部に入部。2年春からレギュラーに定着する。3年春に東都二部リーグで優勝し、一部昇格を果たした。同年秋のリーグ戦終了後、主将となる。4年次には東都大学野球リーグ選抜が日本代表として出場した国際大会ロッテルダム・ワールドポート・トーナメントに出場。個人タイトルでは、3年秋に三塁手、4年秋に外野手でベストナインを受賞した。大学4年秋にチームは最下位に終わり、東都一部リーグ残留を賭けて篠田純平を擁する日本大学と入れ替え戦を戦ったが敗れ、二部降格した。

2007年の大学生・社会人ドラフト会議で4巡目指名を受け、プロ野球入団。背番号は「23」。


プロ入り後
2008年
キャンプから積極的に起用され、チーム内の前年のドラフト入団組では唯一の開幕一軍となった。3月20日の開幕戦では守備固めで起用されてセンターの守備に就き、一軍試合初出場となった。また、フレッシュオールスターゲームにも「1番・中堅手」でフル出場し、5打数3安打3盗塁と活躍。優秀選手賞を獲得した。

2009年
開幕は二軍スタートとなったが、二軍では不動の1番打者を務めた。4月21日に不振の選手に代わって一軍登録されるも結果を残せず二軍落ちするが、今度は怪我をした選手にに代わって一軍登録され、その日の試合でプロ入り初の猛打賞を記録する。怪我をした選手が復帰した後は主に代走として出場し、オールスター前で前年の5を上回る12盗塁(失敗なし)を記録する。結局代走や守備固めが主の出場ながらチーム2位の15盗塁、盗塁成功率は.882と盗塁技術の高さを見せたが、ここ一番での走塁や守備のミスをすることもあった。オフの12月に、大学時代の同級生と結婚した。

2010年
「1番・中堅手」での開幕スタメンを勝ち取る。5月1日のオリックス戦で決勝のタイムリー二塁内野安打を放つなど、シーズン序盤は高打率を残したが徐々に下降。しかし中盤には踏み止まり、自身初の規定打席に到達。打率.290とチームトップの24盗塁を記録。外野手では唯一、開幕からシーズン終了まで一度も一軍登録を抹消されなかった。なお、9月22日の対日本ハム戦から外野手での連続守備機会無失策が始まっている。

2011年
前年に続けて開幕からセンターのレギュラーとして起用され、前半戦は盗塁を量産した。一時は盗塁王を狙える位置にいたが、後半になると相手の警戒が増したことによって盗塁数が激減。それでも前年を大きく上回る52盗塁を記録し、シーズン前の目標の50盗塁を達成したが、他選手が60盗塁を記録したため、盗塁王獲得とはならなかった。打率もチームトップ・リーグ9位となる.288の成績を残し、球団創設以来初となる全試合出場も果たした(全イニング出場ではない)。また、7月17日のオリックス戦では9回裏に自身初となるサヨナラ安打(一塁内野安打)を放った。シーズン後半は他選手に1番打者の座を譲り、9番に固定された。

2012年
開幕から盗塁を量産。前年盗塁王を争った選手が打撃不調などにより盗塁が伸び悩んだため他を大きく引き離して独走。打撃も前半は3割を超える高打率ということも相まって順調に盗塁数を伸ばして、オールスターゲームにも初出場したが、前年同様に夏場にかけて調子を崩してリードオフマンをまたしても他の選手に譲る形となった。以降盗塁数も伸び悩んだが、前年打ち立てた球団記録並びに自身の記録を越える54盗塁を記録。盗塁数2位の選手の41盗塁を大きく引き離し、球団、そして自身初となる盗塁王に輝いた。54個の盗塁の内、三盗が12個あり、二桁の三盗は1997年の記録以来だった。一方で打率は.270(リーグ16位)と前年から一転して数字を下げた。得点圏打率はリーグトップの.373を記録し、ビハインド時に限ると得点圏打率.536という非常に高い数字を誇った。守備面では2年連続となる守備率10割を記録。この年両リーグ通じて、規定打席に達した野手で無失策だったのは聖澤のみであった。オフの12月4日に、第3回WBC日本代表候補選手34人が発表され候補入りした。

2013年
開幕前に第3回WBC日本代表最終メンバーの28人から落選した。シーズンは前年と同じく1番打者としてスタートするが、4月の中旬からは3番での出場が多くなり、長打力のある選手が後ろを打つことになったため、盗塁は減少する。5月23日の対読売ジャイアンツ戦で、2000年に他選手が記録した外野手としての守備機会連続無失策658回のパ・リーグ記録に並び、5月25日の対広島東洋カープ戦での中飛を処理し、パ・リーグ単独1位となる守備機会連続無失策659回とした。

2014年
4月2日の対オリックス戦(コボスタ宮城)で9回表に中飛を捕球し、外野手のNPBタイ記録の820連続守備機会無失策とし、翌4月3日の同戦の5回表に中飛を捕球し同記録を821として、NPB新記録とした。同月20日、体調不良を理由に一軍選手登録を抹消された、5月20日に再昇格している。

2015年
3月29日の対日本ハム戦(札幌ドーム)で3回に打球を返球する際に悪送球し、連続守備機会無失策の記録が927でストップした。



RYO's SPECIAL OAKLEY RADAR EV + Fact®


金栄堂では聖澤諒選手に対し、強い紫外線や直接目に入る太陽光の眩しさ、風や砂ぼこり、グラウンドの照り返しなどから目を守るという保護性、目まぐるしく変わる様々な状況下で切れることのない視界の確保、そしてそれにより集中力を切らさず競技に集中出来し常に最高のパフォーマンスを発揮出来るように、下記のサングラスをサポートさせていただいております。従来のアイウェアの課題でもあった上方の視界をしっかり確保出来るOAKLEYのRADAR EV。このアイウェアには汗や油分を吸収し、しっかりとお顔に吸着してくれるアンオブタニウム製イヤーソックスとノーズパッドが取り付けられ、最適なポジションを常に確立してくれます。そして金栄堂の特許技術で仕上げたFact®(ファクト)は数あるレンズの中で最も自然に見えることで眩しさを低減しながら、見るものすべてを正確に映し出して聖澤選手に正確な情報を伝達し、正しいアクションへと導きます。このオークリーの新スポーツスペシフィックアイウェア・レーダーEV、そして金栄堂オリジナルレンズFact®との組み合わせは聖澤諒選手にとって大きな力となるアイギアになってくれるでしょう。その状況に応じて最適なパフォーマンスを実現する力強いアイギアのサポートを行い、今後聖澤諒選手をサポートしてまいります。

OAKLEY RADAR EV + Fact® OAKLEY RADAR EV PRIZM Baseball Outfield

2016'RYO HIJIRISAWA NEW EYEWEAR
聖澤諒選手に上記のモデルに加え、日常からの目の保護とお車の運転等での目のストレスの軽減を考え
プライベートアイウェアとしてニューアイウェアをご提供させていただいております。
同時に2016年ニューサポートアイテムとしてRADARLOCK限定アーバンジャングルレッドと
M2 FRAME XL ポリッシュドブラック/+レッドイリジウムをお渡ししております。


■OAKLEY M2 FRAME XL PolishedBlack/+RedIridium


OAKLEY TRIGGERMAN
PolishedBlack/JadeIridiumPolarized
OAKLEY RADARLOCK PATH
UrbanJungleRed/+RedIridium

RYO's SPECIAL OAKLEY RADAR EV
OAKLEY RADAR EV PolishedNavy + Fact®50%シルバーミラー
このレンズを使用することで使用者にとってより正確な情報を眼に届けることが出来、様々なシーンにおいてサングラスレンズが邪魔になることなく、正確な距離感や大小感を認識することが出来、人間の持つ感覚そのままにあらゆる動作を正確に行うことが出来ます。従来の考えや製法では実現不可能でしたが、Lab色空間に基づく新たな製法によりこのFactが誕生しました。あらゆる場面でこのレンズは眩しいと感じる光をシャットアウトしつつも感覚を狂わせることなく忠実にそのアクションを行うことが出来ます。このレンズが目指し実現したのは眩しさを抑えながらも人間の持つ近くに最も近い感覚で再現し、あらゆるシーンで正確で適切なアクションを起こせること。従来のレンズとは別次元のレベルで考案・作成されたFactはユーザーに真実を映し出してくれる、金栄堂だけの特許取得レンズ設計「Fact Design」採用の超レンズです。
OAKLEY RADAR EV PolishedNavy + Fact®50%シルバーミラー
聖澤諒選手専用Fact®レンズ

聖澤諒選手にご用意させていただきましたのはFact®50%シルバーミラー。曇りの時なども使用出来る幅広いシーンで対応出来る汎用性の最も高い濃度で作成し、レンズ左下にはFact®のロゴをレーザーエッジングしております。
OAKLEY RADAR EV Uranium/PRIZM Baseball Outfield
Prizmレンズは、それぞれのスポーツやその環境のために特別にチューニングされています。其々のシーンにあった特定の対象物を際立たせ、よりシャープにカラーコントラストを認識させることで、レンズ使用時のパフォーマンスアップをサポートします。Prizmレンズテクノロジーは、単なるレンズの色合いを調整したものではなく、それを遥かに超える革新的なテクノロジーが詰まっています。レンズに配合された特殊な素材で色や光そのものが目に届く量を正確にコントロールできるようになりました。これまで一様に明るさを調整していた手法ではなく、光の波長(色)を分割して個々に調整することによって、これまでにないコントラストを引き出すことが出来たのです。このPRIZM BASEBALLはファインセーブに繋がるよう、飛んでくるフライボールやそのステッチが、より遠くからはっきりと視認できるようにチューニングされています。
OAKLEY RADAR EV Uranium/PRIZM Baseball Outfield

プロ野球・聖澤諒選手と



金栄堂サポート選手について







金栄堂サイト内検索 お好きなキーワードをお入れください。あなたのお探しの商品がきっと見つかります。