999'9フォーナインズ
NP-601 Col.90
ブラック


フォーナインズNP-601 カラー90 ブラック
レンズサイズ 55mm フロント プラスチック
鼻幅 15mm テンプル プラスチック
テンプル長 140mm ヒンジ チタン合金
価格 ¥34,560

フォーナインズ NP-601 Col.90

フォーナインズ NP-600シリーズ


『NP-600』シリーズは、2008年から展開しているNP-60シリーズの後継モデルです。メタルの要素を組み込むことで、プラスチックフレームの常識を覆したNP(ネオプラスチック)を10年もの時とともに、機能性とデザイン性を高次元で実現した集大成とも言えます。NPを掛けたときに感じるここちよさを一人でも多くの方々に届けるという考えはそのままに、時流に合わせたデザインバランスを意識して再構築しました。

フォーナインズ NP-600シリーズの特徴
逆Rヒンジ
独自機構の逆Rヒンジに機能性を集中させることで、プラスチックながらフレームの歪みや型崩れを防ぎ快適な掛け心地を維持します。このNPとしてのスタイル、そしてフォーナインズの眼鏡フレームとして「掛けやすい」「壊れにくい」「調整しやすい」を追求したフレームバランスの高さは2008年のモデルをベースにさらなる磨きをかけています。
オリジナルの飾り
『NP-600』と『NP-601』には智とテンプルに、『NP-602』にはテンプルのみチタン素材の装飾を施しています。レンズシェイプやテンプルデザインの雰囲気を際立たせ、フレームにより高い存在感を与え、装飾からもNP-60シリーズを彷彿させるデザインとしています。


フロントデザイン
メガネの代表的なスタイルとしてあり続けたウェリントンスタイル。その古き良き定番のウェリントンを独自にアレンジ。『NP-600』では、天地が深くクラシックな印象を見せながら今の時代に合わせてデザイン。『NP-601』では、NP-61のデザインを踏襲しフロント上部を直線的にしたウェリントンに。天地を浅くすることで掛けた時に馴染みやすいサイズバランスです。さらに、スクエアの『NP-602』など、誰もがかけやすいと感じる3型で展開しています。



999'9 FOURNINES FEELSUN SUNGLASS
紫外線や眩しさから目をまもるという意味において、サングラスは陽射しを防ぐものと言えるのかもしれません。けれども、陽の光は本体、私たちの暮らしに欠かせないもの、ここちよいもののはず。
そう考えたとき、フォーナインズはひとつの答えに辿り着きました。「サングラスの本質は、陽射しを防ぐことではなく、ここちよくすることである。」歩きなれた散歩道も、大好きなドライブやショッピングも、待ちに待った旅行も…。太陽の下で過ごす多くの時間を、より心が弾むものにする。それが「陽射しを、ここちよく」をコンセプトにする、フォーナインズのサングラスライン「999'9 feelsun(フォーナインズ・フィールサン)」です。目を保護する機能、ファッションの幅を広げるデザインはもちろん、毎日でも掛けることができる、快適な掛け心地を追求して。陽の光の本質を心ゆくまで味わえるように、サングラスを身に着ける楽しさ、そして気持ちよさを表現しました。すべては、ここちよい陽の光と、素敵な毎日を送っていただくために。フォーナインズが送る新たなサングラスコレクション・フィールサン、下記のリンクより是非ご覧ください!


■フォーナインズ・フィールサン サングラス



999'9 フォーナインズ・クリーニングキット
フォーナインズのメガネやサングラスを常に清潔に快適にお使いいただくための専用クリーニングキットです

999'9フォーナインズクリーニングキット詳細


999'9 フォーナインズ
金栄堂は999'9フォーナインズの国内正規代理店です




- フォーナインズ -


金栄堂では正規代理店として300本以上ものフォーナインズを展示してあります


フォーナインズの度付きについて

フォーナインズのフレームは非球面レンズ対応です

フォーナインズのメガネは全て非球面レンズ対応となっており、ダミーレンズも3カーブという低カーブのレンズが入っております。メガネは道具である、という考えの下、常に進化し続けるフォーナインズのメガネはメガネレンズで最も歪みが少ないとされる非球面レンズを入れることを想定し、最高のパフォーマンスを引き出すように設計されたフレーム。非球面レンズを入れて使いやすい、歪みの少ない最高のメガネを作りましょう!

■金栄堂非球面レンズ価格表■
球面レンズと非球面レンズの違い
■非球面レンズ ■球面レンズ
最近カメラなどでも多く採用されている非球面構造のレンズとは、簡単に言えばレンズカーブの浅いものですが、幾何学的、光学的に視線を動かした時に最も自然な見えかたになるよう度数によってレンズの中の1箇所1箇所計算して作られたレンズです。度数が強ければ強いほどレンズというものは様々な収差(歪み)が起こり、周辺部に違和感を感じやすくなります。非球面レンズはメガネが出来上がった際の目とレンズとの距離、度数のバランスを考慮し、レンズカーブを中心部と周辺部でどのような見えかたになるか、最も違和感の無い見えかたにするため開発されました。また、レンズ自体も非球面になることにより、より薄く軽く仕上げることが可能となりました。

非球面レンズの見えかたイメージ

球面レンズの見えかたイメージ





金栄堂サイト内検索 お好きなキーワードをお入れください。あなたのお探しの商品がきっと見つかります。